2010年06月11日

<被爆2世>広島に13万人 初の実数推定 広大名誉教授ら報告(毎日新聞)

 広島原爆の被爆者の子ども(被爆2世)で広島県内に居住する人数が、13万〜13万5000人と推定されることが、鎌田七男・広島大名誉教授(元広島大原爆放射能医学研究所長)らの研究で分かった。6日に長崎市であった原子爆弾後障害研究会で報告された。これまで被爆2世の明確な人数は出ておらず、鎌田名誉教授は「被爆2世の実態把握は、すべての研究の足がかりとなる」と話している。

 算出には、旧厚生省の「原子爆弾被爆者実態調査」を基にして82年に作成された被爆者約29万人のリストと、広島県と広島市が73、74年、県内の被爆者約17万人に実施した「被爆者とその家族の調査」のリストを使用。二つのリストを照合した結果、両親あるいは片親が被爆者で、46年5月〜73年12月末に生まれた子どもは11万9331人だった。

 さらに、女性の出産適齢期や出生率、74年以降に被爆者健康手帳を取得した人数などの条件を加味し、これまでに生まれた被爆2世の実数を推定した。

 日米共同研究機関「放射線影響研究所」(広島市)は、原爆放射線が被爆2世の健康にどう影響するか研究を進めているが、これまでに遺伝的影響は確認されていない。「全国被爆二世団体連絡協議会」は、被爆2世への医療措置などを被爆者援護法に盛り込むよう国に求めているが、国側は「遺伝的影響は認められていない」として援護法の対象にせず、被爆2世の実態調査も実施していない。

 鎌田名誉教授は「被爆2世は原爆被害の実態の一部。これまで概数は諸説あったが、事実を明らかにしなければいけない」と研究の意義を話している。【井上梢】

【関連ニュース】
NPT会合:81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん
NPT会議:紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生
NPT会議:国連本部で原爆展 今も残るケロイド見せ訴え
NPT会議:長崎大司教が国連事務総長に被爆マリア像披露
被爆マリア像:欧米で巡回展…長崎を出発

<豊島>産廃問題、忘れさせない 公害調停10年で植樹や集会(毎日新聞)
4、5月の機密費は3億円=引き継ぎ時の残高明かさず(時事通信)
独居高齢者、10年で2.2倍―静岡県(医療介護CBニュース)
長妻厚労相 「子ども手当満額困難」(毎日新聞)
民主の「政治とカネ」、地方に根強い「未決着」感(読売新聞)
posted by スガヌマ サダオ at 23:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。