2010年05月27日

豪華施設、有価証券…裕福な仕分け対象公益法人(読売新聞)

 20日から始まる政府の「事業仕分け」第2弾の“後半戦”で対象となる67の公益法人が、総額6717億円に上る財産を保有していることが、読売新聞の集計でわかった。

 300室の宿泊室を持つ研修施設などの不動産を抱え込む法人も目立ち、1法人あたりの保有財産は100億円を超える。ただ、仕分け人が検討するのは、公益法人が実施する個別の事業にとどまるため、25日まで4日間の日程で、莫大(ばくだい)な財産にメスが入るかどうかは微妙だ。

 今回の仕分け対象は70法人で、読売新聞は、特別民間法人3法人を除く67の公益法人の財務諸表を調べた。各法人が保有している土地や建物、預金などの総額は2008年度末に6717億6482万円で、13の法人で財産が100億円を超えていた。

 中でも、総務省所管の「全国市町村研修財団」は1036億円と最も財産が多く、千葉市と大津市に、全国の市町村職員の研修施設2棟(土地・建物で134億円)を保有。千葉市の施設には300人収容の講堂やインターネット回線付きの宿泊室が350室あり、テニスコートとグラウンドも併設されている。300の宿泊室がある大津市の施設と合わせた年間利用者は約1万人。担当者は「特別豪華とは思わない」と話すが、テニスコートは見直すとしている。

 農林水産省所管の「日本森林林業振興会」は財産が65億円にとどまるものの、東京都文京区後楽の本部ビル(地上6階、地下1階)には、同省所管の別の公益法人や業界団体など10以上の事務所が入居。国土交通省所管の「河川環境管理財団」は、電力会社やゴルフ場などからの寄付金を原資に、281億円分の有価証券を保有していた。

 公益法人は税制上の優遇措置があり、過剰な資産を持つことは不適切とされるが、国の機関とは異なり、事業仕分けでも財産を国に納めさせることはできない。

 五十嵐敬喜・法政大教授(公共事業論)は「税制の優遇があり、補助金も受ける公益法人に財産がたまるのは当然。その財産をどう扱うのか、事業仕分けだけでは限界がある。国会で、過剰な財産は国庫に納めさせるなどの仕組みを作ることが必要ではないか」と話している。

昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗(医療介護CBニュース)
社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
普天間、環境への配慮要請=対北連携を確認―日米防衛首脳(時事通信)
ワクチン投与「やむを得ず」=農水相に苦言も―宮崎県議会議長(時事通信)
証人「忌まわしい記憶、傷口に塩」 加藤被告弁護側の戦術を痛烈に批判(産経新聞)
posted by スガヌマ サダオ at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。